CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ずっと限界と100年 | main | 生きるという名の >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    あいのしょうたい
    0

      わたしは卒業制作の一部で、「愛」を表現したいと思っているのだけど、
      おわかりのとおり、可視化がとても難しい。
      人によって解釈が異なり、価値も違い、その形式も、深さも、まちまちすぎる。
      それを人に見てもらう作品のテーマにするのは、ほんとうに難しいことだ。
      いや、案外それはシンプル極まりないものなのかもしれない。
      しかし単純だろうが難解だろうが、愛の可視化は、今のわたしにとってそう容易い作業ではない。



      悶々とするわたしに、先生は、「木村の一番好きなものはなんや」と言った。
      一番はきめられない、と言うと、
      「自分の命に替えても存在してほしいくらいのなにか」と訊かれた。


      「土」


      何秒か悩んで、わたしの口から自然に出てきた答えはそれだった。
      自分でも、びっくりしていた。けれど、すごく自然に答えていた。

      「土と、そこに棲んでいるミミズとかダンゴムシとかカエルとか、
       そこに根をはってのびている木や花とか、露だとか、
       もしわたしの命と引きかえにそれが続いていくのなら、
       ぜんぜん、命なんかくれてやってもいい」

      とも言った。わたしが。おどろくべきことに。
      でも先生の問い、とても上手な問いだったと思う。
      先生は「神様みたいなこといいよるなあ」と笑ったけれど、
      これ以上わたしがわたしを納得させられる答えはきっとほかになかった。


      黒く、湿り気を帯びている。
      命をはぐくみ、命を吸い、命を生み、根を支え、餌を与える。
      わたしの想起する、愛のすがた。



      でもこの結論を、制作に直接応用できるかと言われると、
      ちょっと困るのだけど(!)、なんだか新鮮だった。


      あなたの愛は、どんな姿をしているのでしょう。
      | nikki | 23:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:18 | - | - |
        コメント
        最近、水の女っていう映画を見たんやけど
        ウーアが主役でさ、良かったよ〜。
        雨女
        雨の女神、、!?

        見た事あるかなあ?
        | hug | 2011/11/30 9:16 PM |
        素敵やな〜〜。
        トミーさんの答えも。それぞれ素敵やなあ。

        愛のかたち

        目に見えないものの見える化!!

        卒制楽しみやなあ、、!

        今年も京都市美術館、お伺いさせて頂きたいです。

        | hug | 2011/11/30 9:14 PM |
        トミー

        雨女なのね。仲間だあ。笑
        前はいやだったけど、もはや外出日に雨すぎて、雨に親近感。

        水、だいじ。
        愛と並べて水も表現するつもりでいるよ。

        卒業制作展、京都市美術館で来年あるので、
        よかったら、どんなになったかみにきてね。
        | はるな | 2011/11/22 9:45 PM |
        私は水
        雨女と水は切離せない関係で、
        こんなに魅かれるものはないよとつくづく感じる。

        そしてそれをかたちにするはるなさんも
        素敵やと思う。
        | tommy | 2011/11/22 12:30 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック