CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2011 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ずっと限界と100年
    0
      お久しぶりです。
      久しぶりすぎて何を書こうか、少々、戸惑っております。
      正直、Twitterに、けっこうはまってしまい、こっちを忘れておりました。
      不覚、不覚。いざというときは、アナログなほうが生き残るんだぞ。



      「ずっと」、という言葉がある。
      時間的に継続してやまない、という意味の「ずっと」。
      でも、大方この世のものには限りがあるので、
      「〜まで(ずっと)」という念押しのおまけがついたりする。

      「ずっと」が長いほど嬉しい、という前向きな例でいうと、
      ずっと使い続けたい服や、ずっと持っていたい本に、ずっと傍にいたい人。

      服だったら、似合わなくなるまでずっと。本だったら、飽きるまでずっと。
      人だったら、死ぬか別れるまでずっと。

      こういう言い方はどれも具体性を伴っていない気がして、なんだかぼんやりしている。
      かといって、契約社員のように「あと何年」なんて今決めておく必要もないし、不確実。
      だからいつかくる終わりのことも、捉えられないふわふわのままで、ただ、
      いつかくる「死」と、それまでの「ずっと」は、わたしのなかでは遠く離れたべつのもの。




      ある日恋人はこう言った。
      「あと長くても100年はないよ」
      「この1年がもう100回もないよ」

      その言葉と同時に「ずっと」は瞬く間に輪郭をもち、手に取れる実体として現れた。
      前から透明巨人としてそこにいたんだけど、初めて目に見えるようになりましたってふうに。

      100年という単位は、絶妙だった。
      推し量れないほど永い年月でもないけれど、わたしたちの多くの寿命はそれに満たないだろう。
      ましてわたしは、20歳を超えている。
      現在の医療技術では、あとこの身が100年もつ可能性は、皆無に等しい。

      (いま、事故や不測の重病を考慮していないが、そういうことの可能性は頭では
      わかっても、実質的な感覚をもって理解するのは日常ではむずかしいものだ)



      100年、ないのか。そうか。

      それはわたしにとってあまりにも具体性のある「ずっと」の限界の表現だった。
      そしてなにもかもが、いとおしさのかたまりになった。


      今日もわたしは、ない100年を、齧ってる。きっとあなたも。
      | nikki | 16:32 | comments(4) | trackbacks(0) |
      | 1/1PAGES |