CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   
<< February 2012 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    生きるという名の
    0

      こんにちは。これを読んでくださっているみなさん、お元気でしょうか。
      ここ、更新頻度がものすごくのんびりになってきているね。
      いつの間にやら年も変わり、冬も深まり、暦の上では早くも立春。

      いろいろなものが、終わり、変わり、始まり、していく春がくる。
      日本中で、おそらくいちばんたくさんの涙が流れるころ。


      先日無事、卒業制作展を終えた。
      コンセプトを決定するまでに本当にたくさん悩んでしまい、それを形にする
      制作作業にあてる時間がいちじるしくすくなく、最後は大慌ての一月だった。

      「生きるという名のケーキ」


      いつも考えているのは、生きるということ。
      生きるということの、官能的な甘さのこと。
      やさしいこと、くるしいこと、さみしいこと、欲すること、傷めること、病むこと、死ぬこと、
      食べること、飲むこと、眠ること、起きること、愛すること、生まれること、忘れること、
      つくること、うしなうこと、壊すこと、守ること、甘えること、信じること、逃れること、歌うこと、
      描くこと、書くこと、はたらくこと、知ること、伝えること、つながること、触れること、離れること、
      ぜんぶ、ぜんぶ。
      ぜんぶ、いとしい。あまくて、いとしい。

      だからケーキにして、見てもらった。それだけじゃ足りないから、言葉も、添えて。

      いろんな人が作品の前で、足をとめてくれた。
      わたしを知るひとも、知らないひとも、その貴重な一生の時間の一部を、
      わたしが作ったものを見るために、くれていた。
      それを見て、地平線が見えるような広い場所に立っているような心地になった。
      うれしいとかなしいはとありがとうはひとつの感情になった。



      いつも大切にしていることを、好きな形で表現できて、ほんとうによかった。
      デザイン科だけど、商業的なデザインではなかったし、どっちかというと
      自己表現のアートにいってしまった気もする。
      でも、「元気をもらえました、ありがとう」と言ってくださる方がいた。

      それで、この作品をやってよかったなとも思ったけれど、もっととんで、
      生まれてきてよかったな、と心から思った。ありがとうは、わたしの科白だったのに。




      作品を作っている時間も、大変だ大変だとはいいつつ、ほんとうに幸せだった。
      四年間ともにいたみんな、みんな、がんばっている姿が見れて、
      一緒に食堂にいったり、お菓子をたべたり、ふざけたりできて、助けてくれて、
      みんなの声がして、同じゴールにむかってそれぞれが何かを創作しているなんて、
      なんてきらきらなんだろう。みんなのいる空気にはきれいな色が見えた。
      ずっと卒展が終わらなかったらいいのにな、と何度も思った。

      ここ最近はずっとずっと胸がいっぱい。
      みぞおちのあたりに通された紐が、きゅっ!としぼられている。
      時間に味があるのなら、甘くて、とろける。少し酸っぱい。

      ずっとここにいたいけど、かなわないからこんなにもあまくて、きれい。



      卒業まであとすこし。もうすこし。お別れのことばは、まだ、はやい。

      | nikki | 13:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
      | 1/1PAGES |